クルーズの代償

ね-ちゃん進学のバタバタも落ち着いてきたので

悪友船長のお相手もせねばと 久々のクルーズへ

目指すは 久々の牛窓

7ノット近くで航行でき 2時間あまりで到着

とりあえず 今後お世話になるかもしれない造船所の下見へと

牛窓の街をぶらつく

R28041603.jpg

造船の街らしい雰囲気があちこちに

R28041604.jpg

大正時代の旧牛窓銀行 現牛窓文化館 モダンなフンイキ

R28041602.jpg

多くの家屋は 焼杉の壁 オシャレなお店も チラホラ

おっさん2人で歩くのが イチバン似つかわしくない街ではあったが

レースで海までは何度も訪れてたけど

初めて 街並みをゆっくりと眺めた

R28041601.jpg

ランチは ホテルリマーニではなく

ヨットで湯を沸かし どん兵衛をすすった

R28041606.jpg

帰り道 いもーとが行きたいと言ってる

セトゲーで人いっぱいの 犬島の港をチェックし 

風の出る前の16時半には 無事帰港~♪

と ここまでは表向き

楽しいことばかりではない

未だに安定性のない 係留システム

集合から出航まで1時間半

帰港後は まさか・・・の潜水作業で 解散まで2時間と

いつまでたっても エレガントさは

皆無
スポンサーサイト

船検

昼から作業召集

久々に出港するみたいに聞いてたけど 昨日で船検切れでダメ

初めての船検に備え 法定備品の探索

救命胴衣に 消化器 形象物 レーダーリフレクタなど

あちこち ひっくり返して なんとか見つけて

最後に 灯火チェ~ック これは大丈夫だろ

と思っていたら まさかの左舷灯付かず

開けてみたら 笑った 電球外れて転がっているし・・・

バウ(船首)は 一番波がたたくところ

悪友船長によると

外洋でも機能する外国製灯火は 日本の船検のキジュンに会わず

外洋だとあまり使えそうには思えない 日本製灯火にわざわざ交換されるとのことでした・・・

もちろん きちっとソケットにもどせば

R28022702.jpg

無事点火 これで船検は大丈夫かなぁ

あちこち ひっくり返したらおかでげで

ジェネカースカートという 簡単にセールがあげられる装備があることが判明~!

これで ダブルハンド=船員2名のみ=悪友船長(舵)&とーさん(クルー)

レースに出れそうな様相になってきた

やっぱり クルーズより

レースがしたい


DNS

港が見えた

悪友 すでに出港体制

潮も小さめ 潮どまりも近い 

絶好のイイダコ釣り日和 いざ出港~

ところが ボートフックが見当たらない 見当たらない

いくら探しても ない     ない          ないな

風でブッ飛んでった模様

これが無いと 出港できても 帰港後の係留が非常にキビシー

よって

出港 見送り・・・ 解散・・・

ヨットレース始めたころは 良くくらった久々の

DNS ; Did Not Start

そんなに 釣れるとは思ってはなかったけど

まさか 出港すら出来ないとは・・・

R27101801.jpg

海は キビシイ

底掃除

先週のクルーズ 巡航までスロットル開けるとかなりの振動&黒煙!!

こりゃ~ かなり付いてるな

そろそろ時期ですかと

ドボン

R27091901.jpg

案の定 ペラはフジツボだらけ

スクレッパーでガリガリ

幸い今日は天気も良くて 潜水日和

ついでに 足舟の底掃除も

ヨットよりこっちの方がタイヘンだったが・・・

R27091902.jpg

キレーになったペラは メバルの稚魚の隠れ家に

台風がやって来る

マリーナ 陸上保管から

漁港 海上係留 となったため

土曜日から 老体を感じつつ

準備はしていた

南西に スプリング追加

南東に 追加アンカー投入

しかし残念ながら 台風11号は西に振ってしまったので

今日も招集の連絡

地元の漁師さん: 「今回は避けられんのぉ~」

オーニングの撤去 南東に追加ロープ

フェンダー移動 追加アンカー効き確認!

足舟船外機にも ロープ追加

R27071501.jpg