さよならヴォルゴグラード

2018062923080468c.jpg

戦略とは言え 残念な幕切れで

感動的な〆とはならなかったが

ともかく予定通り3戦見終えることができたことに感謝しよう

ただホテル↔スタジアム往復10kmのタクシー代ケチって炎天下歩いた代償と

これまでの疲労の蓄積からか

ホテルでの部屋でわびしい食事中

突然の悪寒に襲われたので

有るもの全部着て布団に潜った

幸い2時間ほど眠ってら暑くて目が覚めた

残った食事片付けて 今朝目覚めてた時

大事に至らず ホッとした

荷物もまとめ チェックアウト

初タクシーアプリで タクシー手配
201806292328206dd.jpg

6分で来るとの表示 十分間に合うな

ところが来ない チャットでComing? 反応なし 列車の時刻まであと50分

駅までは20~30分はかかるはず…

焦ってフロントのおばちゃんに手配依頼

なんとか手配できたが おばちゃんがなんか言っているが分からない

おばちゃんはフロントのパソコンの英訳アプリにロシア語を入力

(朝合ったとき)私がさっき言ってあげたじゃないの(タクシーは良いのか?と)

スミマセン!

程なくタクシーは来て アジア系?モンゴル系?の運チャンはホイールスピンしながらホテルを出てってくれた

おかげで無事列車には間に合った

2018062923083911a.jpg

あとはルームメイトに恵まれることを期待しょう

ところが同じ貨車の入口にインド系グループ 嫌な予感的中

本来部屋割では 自分以外は

旅馴れた感じの日本人青年とパキスタン人は一人

そのパキスタン人達は6人組らしくfifaのスタッフに席替えを要求

ほかのヤツらが荷物持って

ハローハローオーケーオーケーと

部屋に侵略してきた

部屋替えはできない!と

強い口調で言ってくれているが 全く諦める気配なし

それどころか何故出来ないんだ!と逆上してる

どうなることかと思ったが車掌さんも
加わってどっか消えていったが

別のパキスタン人たちの部屋からロシア人がこちら引っ越してくることでなんとか決着した

引っ越してきたロシア人は静かな人で

車掌との通訳なんかもしてくれ

日本人青年からは旅の話を聞いたりした

行きは18箇所も止まったのに

帰りはモスクワ直行

あと20時間

のつもりだったが

通信の悪さや ウォッカのせいで

今アップ




スポンサーサイト
コメント

No title

大事にならずに良かったですね。
無理は禁物。
異国での寝台列車の旅、いろいろあって楽しそう(笑)

No title

なんとか結果オーライで進んでます。
モスクワまで5時間切りました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する